ゴードン 11 項目

ゴードン 11 項目

ゴードン 11 項目



ここではゴードンの「11の健康機能パターン」をデータベースに用いて説明していきます。 パターンは「領域」とも言われ、患者さんを理解する視点 になります。ゴードンは患者さんを11個の領域に分けてとらえ、アセスメントを行うことと唱えています。 …

 · 看護過程、実習記録で使えるゴードン【健康知覚・健康管理、栄養・代謝、排泄、活動・運動】. この記事を読むメリット. ・ゴードンの11の機能的健康パターンを順に学習できる(1~4番まで). ・具体例でアセスメントと情報収集の違いを復習できる. 教科書には「栄養・代謝ではこの情報が必要」と書かれていたり、身体機能についてはこの項目に書くこと、と ...

 · 11パターンをアセスメントするとは?. アセスメントをする、とは、対象の状態、状況を判断する、ということです。. ゴードンの場合、対象を11の側面(11の機能的健康パターン)から判断します。. 健康管理は、どんな状況か?. 栄養は、どんな状態か?. 排泄は、どんな状態か?. など. それぞれの側面(パターン)において、状態・状況を判断する=アセスメントを ...

マージョリー・ゴードンはアメリカの博士で、カルテや患者から得た情報を整理する理論「11の機能的健康パターン」を説きました。ゴードン以外にも、ヘンダーソンが編み出した「ヘンダーソンの基本的欲求(14項目)」がありますが、カルテ整理にはゴードンが有力だといわれています。その証拠として、現在の看護概念のモデルになりました。得た情報を整理整頓 ...

 · ゴードンは以下の表のように患者を11の領域に分けて捉えアセスメントを行うことを唱えています。. (1)健康知覚・健康管理. 既往歴、現病歴、健康状態、病気への理解、喫煙・アルコール・薬物・アレルギーの有無. (2)栄養・代謝. 身長、体重、BMI、体温の変動・悪寒、発汗の有無、嗜好、偏食、間食、食欲、食事制限の有無、爪、毛髪、皮膚、体液の状態と感染 ...

4.ゴードン:活動-運動パターン 5.ゴードン:睡眠-休息パターン 6.ゴードン:認知-知覚パターン 7.ゴードン:自己知覚-自己概念パターン 8.ゴードン:役割-関係パターン 9.ゴードン:セクシュアリティ-生殖パターン

11.価値/信念パターン. 情報収集の目的:. 患者の選択や決断に影響を与える人生における価値や目標、信条や宗教的信念などを知る。. また、この中で健康に関する価値、目標、信念や期待の葛藤も知る。. 注目する視点. ・ 患者の価値・人生目標・信条は何か. ・ 信仰する宗教があるかどうか. ・ 宗教的行為の重要性はどうか. ・ 患者の精神的健康ニーズは何か.

 · 看護実習でよく使われるマージョリー・ゴードンの看護理論から、. 全11パターンの情報収集の目的と注目する視点、情報収集の質問の例についてまとめいます!. 今回は、. 6.認知/知覚パターン. についてまとめております!. 是非、ご参考にしてください!. ところで、今回は. 認知/知覚パターンというように、認知と知覚という言葉がセットになっていますね ...

ゴードン 11 項目 ⭐ LINK ✅ ゴードン 11 項目

Read more about ゴードン 11 項目.

wilkinsonjames.biz
portableairconditioner.biz
help2web.ru
astrosam.ru
pitersteps.ru
ipkrasnodar.ru
permnerud.ru
metram24.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
A truth that's told with bad intent beats all the lies you can invent.
Guest

When a pessimist has nothing to worry about, he worries about why he has nothing to worry about.

Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Calendar
MoTuWeThFrStSu