千載 一 遇 意味

千載 一 遇 意味

千載 一 遇 意味



千載一遇(せんざいいちぐう)の意味・使い方。滅多に訪れそうもないよい機会。二度と来ないかもしれないほど恵まれた状態。 「載」は「年」に同じ。「一遇」は一度出会う。「遇」は思いがけず出くわす。千年に一度偶然訪れるくらいの機会という意味。

千載一遇とは、千年に一度あるかないかの絶好の機会のこと。「千載」は千年という意味。「載」は年のこと。「一遇」は一度出会うこと。 「千載」は千年という意味。

デジタル大辞泉 - 千載一遇の用語解説 - 《袁宏「三国名臣序賛」から》千年に一度しかめぐりあえないほどまれな機会。「千載一遇の好機」

「千載」の「載」には積載・掲載などの「のせる」という意味の他に、「年月」という意味があります。つまり「千載」とは「千年」のこと。そして「一遇」は「ひとたび遇うこと」で、「千載一遇」は 「千年に一度の機会」 を意味する四字熟語なのです。

もともと「千載一遇」は、素晴らしい人や、偉大な人との出会いを指す言葉でした。. しかし、現在は、絶好の「チャンス」「機会」との出会いを指すことが一般的です。. なお、読み方や表記については、以下の点に気をつけましょう。. 「千載一遇」を「せんさいいちぐう」と読むのは誤り。. 「遇」の字を「偶」「隅」と書くのは誤り。. 「千載」の「載」は、まれ ...

千載一遇の意味は「 千年に一度しか訪れないほどの、二度はないような良い機会 」「 めったに訪れないであろう良い機会 」となります。 千載の「載」は「年」と同じ意味で、一遇の「遇」は思いがけず出くわすという意味を持ちます。なのでストレートに、千年に一度訪れるような機会というわけですね。人生を左右するようなチャンスに出会った時には ...

 · 「千載一遇」は、古代中国の文人・歴史家の袁宏 (えんこう)による「三国名臣序賛」には、「〜千載の一遇は賢智の嘉会なり」という一文が含まれています。

 · 【千載一遇の意味】 千年に一度しかあえないような、またとない絶好の機会。 【千載一遇の類語】 千載一時/千載一会/千載一合/好機到来/時機到来/時節到来/またとない機会/二度とない機会/啐啄/一世一代/一世一度/一生に一 […]

 · 「載(サイ・ザイ)」という漢字は年を数える意味 を持っているので、「千載」は千年という意味になります。 「遇(グウ)」という漢字は『あう・おもいがけなくたまたまあう』という意味 を持つ漢字ですので、 「千載一遇」とは『千年に一度しかめぐりあえないくらいにめずらしいこと』という意味 です。

 · せんざいいちぐう【千載一遇】 《袁宏「三国名臣序賛」から》千年に一度しかめぐりあえないほどまれな機会。「千載一遇の好機」 せんざいふま【千載不磨】 千年の後まで消えないこと。 せんざいらく【千歳楽】 ⇒千秋楽 (せんしゅうらく)

千載 一 遇 意味 ⭐ LINK ✅ 千載 一 遇 意味

Read more about 千載 一 遇 意味.

shoeshunter.ru
prague-hotel.ru
kolodcyspb.ru
balkan-consul.ru
ectopic-pregnancy.ru
inviznet.ru
bhazard.ru
budva-apartments.ru
svadbalove.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
It's not only quiet people who don't say much.
Guest

There is no great success without great commitment.

Guest
Pick your friends, but not to pieces.
Calendar
MoTuWeThFrStSu